海外FXで利益が出た場合の確定申告や税金を完全解説。国内FXより不利なポイントと有利なポイントとは?

国内FXで利益を上げた場合と同様に、海外FXにおきましても一定金額以上の儲けが出た際は確定申告をして税金を納めなければなりません。

もちろん、納税先は海外FXからの利益であっても日本の税務署等となります。

おそらく「海外FXの税金?サッパリ分からない!」といった感じの方が多いのではないのでしょうか。

海外FXにおける確定申告や税金に関するルールは、納税額はともかくとして、何も特別なことはなく、ちょっとしたポイントを理解し実際に申告の経験をしてしまえばその他の税目と変わるものではありません。

海外FXで利益を上げた場合の税金・確定申告の基礎

税金を納めることになる方

まずは海外FXで納税対象者になるかどうかのポイントですが、次に該当するトレーダーの方が申告の義務を負うことになります。

  • 主に給与をもらっている方・・・年間20万円以上の利益
  • それ以外の方・・・年間38万円以上の利益

数万円程度の利益であれば申告の義務はありませんので、FXを楽しみながらマイペースで利益を上げている方やFX修行中の方で上記に該当しなければ税金は発生しないことになります。

海外FXにおける税金の概要

海外FXで得た利益・収入は税の分類に当てはめますと、所得税における「雑所得」(総合課税)に該当し、「累進課税」が適用されます。

この累進課税は知っている方もいると思いますが「儲ければ儲けるほど税金も増えていく」というもので、これは国内FXと大きく異なる性質であり一番のデメリットかもしれません。

国内FXで得た利益に対する税率は一律で20.315%です。

また住民税も忘れてはならない税金で、税率は海外FXで得た利益の10%(一律)となっております。

「税率表」

課税される所得額税率(所得税)税率(所得税+住民税)控除額(所得税)
~195万円5%10%0円
195万円超~330万円以下10%15%97,500円
330万円超~695万円以下20%30%427,500円
695万円超~900万円以下23%33%636,000円
900万円超~1,800万円以下33%43%1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下40%50%2,796,000円
4,000万円超~45%55%4,796,000円

そしてさらに、算出された所得税額に対し「復興特別所得税額」が2.1%かかってきます!

税金計算の例:海外FXで550万円の利益を得たケース

税金の内訳

「所得税」

(5,500,000円 - 380,000円(基礎控除))× 0.2 - 427,500円(所得控除) = 596,500円

「復興特別所得税」(上記所得税額 × 2.1%)

596,500円 × 0.021 = 12,526.5円 → 12,526円(小数点以下は切り捨て)

「住民税」

(5,500,000円 - 330,000円(基礎控除))× 0.1  = 517,000円

*住民税の均等割 = 5,000円

(内訳:市区町村民税3,500円及び都道府県民税1,500円、自治体により税額は異なる)

税金の合計

「所得税の部分」

596,500円 + 12,526円 = 609,026円 → 609,000円(小数点以下は切り捨て)

「所得税、住民税、均等割を足した総合計」

609,000円 + 517,000円 + 5,000円 = 1,131,000

なぜ海外FXは累進課税なのか?

国内FXの場合その税率は20.315%となっており、これはどれほど利益を上げても変わらない固定の税率です。

ではなぜ海外FXの場合は累進課税が適用されるのかと言いますと、海外FXは海外で行われる金銭のやり取りですので、金融商品取引法にある「店頭デリバティブ取引」に該当しないこととなるからです。

従って、国内の税の分野においてはその他大勢(雑所得)の扱いとなり、儲けが大きくなるほど税金の負担が大きくなっていくのです。

それでも見逃せない有益なポイント

330万円までなら海外FXの方がお得

税制面においてもはや海外FXに存在価値がないのではないか!と思われるかもしれません。

しかし上記にある税率表を見ますと、所得額が330万円までであれば復興特別所得税(2.1%)を加えても国内より税率が低いといった点があります。

FX専業ギリギリの方が本業へとステップアップする過程において、まだ資金が十分でないといった場合や、FXに自信がありつつも会社員とFXの二刀流でいきたいといった方でしたら問題のない話です。

FX業者の裏事情

国内FX業者は利益を得るためにトレーダーから受けた注文を外部のインターバンク市場へ素直に送り込まず、いったん内部で保留したり複数の客の売り・買い注文を相殺させるといったことなど行っています。

そしてそれによって経費を抑えることや客の損失を業者の利益とするようにつなげているのです。

これは客と業者が「利益相反」の関係(相対取引)にあるというもので、客の利益は業者の損(又はその逆)になる場合があることから、都市伝説の可能性もありますが利用規約の規定を根拠に突然口座が利用停止されるといった可能性があります。

一方海外FX業者は、トレーダーから受けた注文をインターバンク市場へ真面目に送り届けるといった極めてシンプルな作業を行っています。

この事により、海外FXはその注文処理の仕方からトレーダーと利益相反にならず、こちらがいくら儲けても業者から煙たがられることはありません!

海外FXは主にスプレッドによってしっかり利益を確保しており、客がいくら値幅で儲けても業者への脅威とはならない仕組みになっているのです。

出典:GemForex

節税

上記税金計算のシミュレーションは個々人の資産・金銭状況を考慮しておりませんので、以下にあげる項目によってはもう少し税金が安くなる可能性があります。

  • 取引にかかる経費
  • 保険料等による各種控除

海外FXの税金額を左右する重要なポイント

取引に関するもの

税金額に影響を与える各種要因について説明します。

まずFXそのものの利益としては次のものが該当します。

  • 為替差益
  • スワップポイント

そして複数の海外FX口座からの利益があればそれらも全て対象となります。この時、一方の口座で損失となっていればプラスとなっている口座と相殺させることが可能です。

例えば海外口座Aで200万円の利益が出ていて、他にBの口座が3万円のプラス、Cが45万円のマイナスだったという場合は次のような利益計算となります。

200万円 + 3万円 - 45万円 = 158万円の利益

経費

海外FXを行っていた際に発生した諸経費は控除として税金を減らすのに用いる事が可能です。この場合、経費として認められるものは「海外FX取引に関係のあった出費」であることが前提です。

「経費として認められる可能性があるもの」

  • ネット関連の通信費
  • パソコンなどの端末購入費
  • パソコン以外の周辺機器の購入費
  • FXセミナー・講習会等への参加費用
  • FXを取り扱った本・雑誌等の購入費 など

経費については、できるだけ多くの物を認めてもらいたいところですが、その内容に無理がありますと不正な申告とみなされる可能性がありますので、場合によっては会計士・税理士・税務署などとの相談の上で申告することが賢明です。

控除

控除には所得額によって金額に違いがある「所得控除」(上記税額表参照)と、所得額に関係なく一律で適用される「基礎控除」があります。

基礎控除は先ほどの税金シミュレーションにもありましたが、所得税に対しては38万円、住民税の場合は33万となっております。

また人によっては生命保険料控除や扶養控除などがありますので、最終的な税金額は利益が同じであっても人それぞれ異なってくることとなります。

税金計算に含めることができないもの

税額の算出において注意することとしましては、以下のものがあります。

  1. 国内FX口座、その他国内の株・CFD取引等との相殺はできない
  2. 海外FXでは過年分の「繰越控除」ができない

1.国内FX口座、その他国内の株・CFD取引等との相殺はできない

国内金融商品は日本の法律や税制によって「申告分離課税」という扱いがされておりますので、総合課税である海外FXとは収益上プラス・マイナスさせることができません。

2.海外FXでは過年分の「繰越控除」ができない

国内FXでは可能なのですが、これもやはり海外FXの法的な性質によるものです。損失は損失のままとなります。

確定申告の仕方

申告に必要な書類

確定申告で使う書類は「所得税及び復興特別所得税の申告書B(第一表・第二表)」になります。

ここで国税庁のホームページにある「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」の画面を利用して実際の記入の仕方などを説明します。

出典:国税庁

申告書の作成

まずはe-Taxトップページから少し下にあります「個人で電子申告をするには」をクリックし、次の画面で「確定申告書を作成する」をクリックします。

そして「国税庁 確定申告書等作成コーナー」画面より「作成開始」をクリックします。

出典:国税庁

次の画面で「e-Taxで提出する」と「印刷して書面印刷する」のいずれかを選択します。ここでは「印刷して書面印刷する」を選択して説明を進めていきます。

次の画像では「平成○○年分の申告書等の作成」をクリックします。

出典:国税庁

下の画像のように新たに表示されたものの中から「所得税」をクリックします。

出典:国税庁

そして中央の「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」の「作成開始」をクリックします。

出典:国税庁

生年月日の入力を経て次の画面において「雑所得→その他」にある「入力」をクリックします。

出典:国税庁

「上記以外(報酬等)」の「入力する」をクリックします。

出典:国税庁

次の画面は収入の種類(種目)・利益額・海外FX業者名・所在地を入力する部分です。ここでは海外FX業者「iFOREX」にて前年に550万円の利益があったと仮定し入力していきます。

出典:国税庁

次の画像が入力例になります。最後に右下の「入力終了(次へ)」をクリックします。

出典:国税庁

内容を確認し訂正等なければ右下の「入力終了(次へ)」をクリックします。

出典:国税庁

申告書メイン画面に戻ります。画像のように先ほどの入力が反映されております。訂正等なければページ右下「入力終了(次へ)」をクリックします。

出典:国税庁

各種控除の入力画面に移ります。特に控除項目が無くても一番下の「基礎控除」だけは自動的に38万円となっております。所定の操作が終わりましたらページ右下「入力終了(次へ)」をクリックします。

出典:国税庁

*次のページも他の控除等の入力画面となっておりますので、必要に応じて入力を行います。

次の画像でここまでの入力内容を確認します。所得税と復興特別所得税及び合計税金額が自動で算出されます。そして内容に誤りがなければこれで所得税の入力は終了です。ページ右下「次へ」をクリックします。

出典:国税庁

次の画像は住民税に関する入力ですが、住民税については所得税の申告内容が各市区町村に自動的に送られ、納付書も後日送られてくることとなり、改めて入力をする必要はありません。

出典:国税庁

そして申告書をプリントアウトし次で紹介する書類とともに税務署へ送付します。

申告書以外で必要な書類

申告書類の他に次の書類を用意する必要があります。

  • 年間損益報告書(海外FXサイトから入手)
  • 経費などの領収書
  • マイナンバー書類、本人確認書類
  • 源泉徴収票(会社員の場合)

「マイナンバー書類、本人確認書類」

国税庁の指導により、確定申告にあたってはマイナンバー書類と本人確認書類が必要となります。郵送による申告の場合はコピーを送付しますが、税務署にて直接手渡す場合は原本を持参します。

出典:国税庁

マイナンバー書類については、以下の種類があります。

  • 通知カード・・・マイナンバー制度スタート時に全員に送られてきたもの
  • 個人番号カード・・・写真付きのもので取得には申請が必要
  • マイナンバーの記載のある住民票・・・通常は記載が無いので必ず記載があるものを市区町村役所で入手

以下は本人確認書類(例)です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 公的医療保険の被保険者証
  • 身体障害者手帳 など

 

税金の納付方法

申告方法や提出場所

毎年2/16~3/15の期間に、最寄りの税務署へ持参するか郵送で申告を行います。

「税務署の検索」

出典:国税庁

または先ほどのe-Taxよりオンラインから確定申告を行います。ただし、マイナンバーカードとそのカードを読み込むために使うカードリーダーが必要です。

出典:国税庁

実際の納付方法

住民税と異なり所得税に関しては税務署から納付書が送られてくるわけではありませんので、オンライン納付以外においては、納付書を手に入れて各種納付場所にて税金を支払うことになります。

納付方法については、先ほどの申告書作成の終盤で次のような案内がなされており、金融機関やコンビニでの納付やインターネット経由での納付方法などがあります。

出典:国税庁

また以下のリンクも参考にしてみてください。

知らないと脱税に!FXにかかる税金・確定申告のやり方をやさしく解説

出典:お金のミカタ

まとめ

海外FXは金融取引であっても、日本において金融商品とみなされていないことから、その確定申告や税金については国内FXと異なっている部分が存在しています。

以下に今回の内容について整理してみます。

  • 給与収入がある場合:年間20万円以上で申告
  • 給与収入が無い場合:年間38万円以上で申告
  • 海外FXは雑所得(総合課税)
  • 住民税と合わせ税率最大55%の累進課税
  • 利益額は全ての海外FX口座の収支の合算
  • 取引にかかる経費や各種控除で節税が可能
  • 国内のFX・株・CFDなどとの損益通算不可
  • 繰越損失もできない

税率がやはり気になるところですが、ハイレバレッジや少ない資金で多くのポジションが建てられるなど国内FXにはない魅力が海外FXにはあります。

メリットとデメリットを賢く判断し国内FXとの併用など工夫しながら海外FXを利用していくのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です