Bigbossは海外FXの魅力をコンパクトに収めた中性的な取引業者。メリットとデメリットを交えBigbossについて詳しく解説していきます。

出典(トップ画像):Bigboss

Bigbossの概要

Bigboss(Big Boss Holdings Company Limited.)は、2013年からその営業をスタートさせた比較的新しい海外FX業者です。

「Bigboss所在地」(グレナダ) 

The Financial Service Centre

P.O.Box 1823

Stoney Ground, Kingstown VC0100

St. Vincent and the Grenadines

取扱っている商品は、FX、CFD、仮想通貨(レバレッジ)及び仮想通貨(現物、独自プラットフォーム)となっており、現物の仮想通貨取引ができる海外FX業者は非常に珍しい存在です。

Bigbossの安全性や信頼性に関しましては、グレナダにおいて法人登録がなされている状態となっています(23356 IBC 2016)。

基本的な性質としましては、レバレッジが最大555倍、ロスカットレベル20%、入金ボーナス、顧客資金の分別管理、追証なし等といった海外FX業者としての特徴はおおよそ備えられております。

ただ、スプレッド水準以外はピン!とくるような目立ったメリットが見えにくい業者でもあります。

追証について

追証ゼロサービスにつきましては基本的にはその通りの役割を果たすところなのですが、正常でないトレード方法や経済指標発表時において危険なやり方等が認められた場合には、追証ゼロとはならず口座資金のマイナス分が請求される可能性があります。

出典:Bigboss

Bigbossでは追証ゼロが100%とはならない点に注意しなければなりません。

口座開設時における注意点

Bigbossでは通常の口座開設の他に、開設時に身分証等が不要の「クイック口座開設」というものがあり短時間で口座を開設することが可能となっておりますが、入金やトレードを行うにはやはり必要書類の提出を行わなければなりません。

口座開設に必要な「住所確認書類」(光熱費の領収書など)は有効期限が3カ月以内のものといった規定があり短めであることに注意が必要です。

また、取引サイトで口座開設の手続きを終えてもすぐには受付を伝えるメールは来ないことがあり少々不安になりますが、約24時間後には受付完了メールが来る事となります。

カスタマーサポート

日本語による問い合わせが可能で、専用の問い合わせフォームやメール、ライブチャットにて質問・要望等を受け付けています。

日本語のサポートデスクは月曜日~金曜日の10:00~18:00で受付けておりますが、時間外での問い合わせについては翌営業日までに対応します。

Bigbossのセールスポイント

出典:Bigboss

必要最小限のメリットがつまった取引業者

国内FXと海外FXとの大きな違いについてしっかりカバーされている業者であり、この点に関してはBigbossで口座を作る意味があります。

「Bigbossが備えている海外FX業者としての基本的な性質」

  • NDD方式(インターバンク直結の注文処理方式)
  • 追証なし(仮想通貨ECN口座はあり)
  • 口座資金の分別管理
  • 低ロスカット率(20%)
  • ハイレバレッジ(555倍)
  • ボーナス(皆無ではない)

比較的スプレッドが狭い

特にユーロ・ポンドと日本円のペアにおいて他の海外業者より若干有利なスプレッドです。

スプレッドはトレーダーが最も頻繁に接する取引経費ですので、ここにこだわる方は多いでしょう。

取引手数料が無いスタンダード口座であれば面倒な計算もなくスムーズにエントリーすることができます。

ブローカー間送金(B2B)ができる

これは口座資金を取引業者間で直接やり取りすることができるもので、一部の海外FX業者で導入されております。

大体1日程度で送金が完了することや手数料が無料であること、手続き方法がそれほど面倒でない所がメリットです。

仮想通貨の現物取引ができる

これができる海外FX業者はそうそうあるものではありません。

本ページでは詳細は割愛しますが、レバレッジ取引まで含め「仮想通貨/法定通貨」という商品ペアも今ではよく見かけられますので、通貨の流れを仮想通貨市場においてもチェックしたいといった方でしたら利用価値があるかもしれません。

取引口座やプラットフォーム

出典:Bigboss

取引口座の種類

Bigbossには「スタンダード口座」、「プロスプレッド口座」、「仮想通貨ECN口座」及び仮想通貨の現物取引が可能な口座(FOCREX口座)があります。

プロスプレッド口座と仮想通貨ECN口座には取引手数料があり、以下がその内容となります。

  • プロスプレッド口座・・・1Lotあたり片道4.5ドル(約450円)
  • 仮想通貨ECN口座・・・10万通貨あたり片道5ドル(約500円)

*1Lot = 100,000通貨

手数料水準は他の海外FX業者と比較しますとやや高い方です。

また仮想通貨ECN口座では追証ゼロサービスは無く、口座資金でマイナス分が発生した際はBigbossへ支払いを行わなければなりません

その他全口座に共通する性質としましては、最小0.01ロット(1,000通貨)から取引できることや、初回最低入金額の制限がないこと等があります。

取引プラットフォーム

Bigbossで導入されている取引環境はMT4(メタトレーダー4)のみとなっています。

上記3口座でMT4の利用が可能でPCへダウンロードするやり方、Web上でトレードする形式いずれも可能です。

チャート画面の初期状態においては何の通貨ペアも選択されておりません(待機中表示)ので、画面上部にある「表示」から「気配値表示」をクリックし、通貨ペアリストから任意の通貨名をチャートへドラッグさせて利用を開始します。

トレードに関わる各種スペック

出典:Bigboss

レバレッジとロスカットレベル

レバレッジ

最大レバレッジは555倍と大きい所が特徴です( 仮想通貨ECN口座のFXは25倍まで)。

スタンダード口座では「25:1、50:1、100:1、200:1、400:1、555:1」から好きなレバレッジ倍率を選択します。

後でレバレッジ変更したい場合にはサポートセンターにメールで申請を行います。

またプロスプレッド口座は555倍のみしか利用することができません。

ロスカット

マージンコールは証拠金維持率50%、ロスカットは20%となっております。海外FXとしては一般的なレベルのものであり有利な水準です。

ただ仮想通貨ECN口座だけは異なり、マージンコールが300%でロスカットが200%と非常に厳しいレベルとなっています。

仮想通貨特有の大変荒い値動きが反映されたレベル設定となっていて安全面を考慮しますと良心的ではありますが、強制決済の頻度が多くなるというデメリットな面があります。

通貨ペアとスプレッド

通貨ペアは33(Forex Major30及び Minor3)あり、他の取引業者と比べますとちょっと少ない方です。

「スタンダード口座のスプレッド例」*変動あり

  • USD/JPN ・・・1.3pips
  • EUR/JPN ・・・1.6pips
  • GBP/JPN ・・・2.0pips
  • AUD/JPN ・・・1.6pips
  • EUR/USD ・・・1.6pips

スプレッドはなかなか有利な狭さとなっておりBigbossの利用価値の1つでもあります。

特にユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円のスプレッドが狭い方の水準であり、これら通貨ペアをメインでトレードしている方限定でBigbossが最適な海外FX業者となってきます。

約定力

Bigbossにおける約定力向上への取組み

  1. 顧客からの注文処理方法において国内FX業者と大きな差異がありその処理の中立性・信頼性が高いNDD方式を全口座で採用しております。
  2. 実際の通貨売買の場においては、複数の金融機関(リクイディティープロバイダー)からの提示レートをチェックし、トレーダーにとって最も有利で狭い価格を選別しています。
  3. また、複数の金融機関やFXブローカーなどから高い評価を得ているEquinix(エクイニクス)の取引サーバーを導入し約定力の強化を図っております。
  4. MT4における時間設定を季節によって微調整することで、各種テクニカルインジケーターの出力が正確となるよう努めております。

他の海外FX業者との比較

約定力がどれくらい優れているのか、その具体的な内容(約定スピードやスリッページ発生率など)の公表に乏しい所があります。

上記で挙げました4つの項目のうち1.~3.については他の取引業者でもごく普通に取り入れている内容であり、世界中にFX業者が多く存在している中にあっては、ある程度の予算をつぎこめばパッケージ的な感覚で割と容易に導入や実施が可能なものとなっております。

Titan FXLand-FXなどのように普段から約定力の強化に独自で積極的に取り組んでいる所が見られず、通信状況や注文状況の不安定な変化や流れ(トラフィック)に柔軟に追いついていけるシステムを保有していると言えるものではありません。

そして、Bigboss自体も約定力の強さについてのアピールに欠けちょっと押しが弱い所が見られます。

約定力のまとめ

国内FXにおいては取引業者の約定力が割と問題に上ってくるもので、この問題を回避するために海外FXを利用するトレーダーもおります。

しかしBigbossで実際にトレードを行いましてもあくまで感覚的なものではありますが、国内FXと同じようなスリッページや不可解な約定がゼロではありません。

約定力に関する詳細なデータが公表されていない状況の中で、上記取り上げました注文処理システムや取組みを完全に否定するわけではありませんが、あまり多くの資金を委ねる事ができるものではないといった結論になります。

入出金方法

出典:Bigboss

入金

  • クレジットカード(Visa、Master)
  • bitwallet
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • ビットコイン
  • ブローカー間送金

クレジットカードとbitwalletによる入金におきましては、最低金額1万円から入金が可能ですがデビットカードの利用はできません。入金反映には1日程度かかります。

国内銀行送金による方法は、5万円未満は手数料1,000円が発生します。銀行側における振込み手数料・送金手数料を含めますと結構厳しい状況です。

海外送金の場合はBigboss指定の口座への入金なら手数料は無料となっておりますが、入金が反映されるまでに2~5日かかるのが難点です。

ビットコイン入金は全くおすすめできない方法です。筆者はビットコインから入金をしたことは無いのですが、1BTCにつき10lot以上(100万通貨以上)トレードしないと出金させてもらえない可能性があるからです!

これはあくまでもBigboss側のお願いといったレベルのものではありますが、こんなことを謳われますと出金リスクが大きく頭の中をよぎってきます。

出金

  • クレジットカード
  • bitwallet
  • 銀行送金
  • ブローカー間送金
クレジットカード・bitwallet入金分は2カ月以上たたないと出金ができないものとなっております(どうして??)。

銀行送金については手数料が2,000円で着金までに2~5日かかります。

入金・出金ともに他の海外FX業者には無い驚くべきルールが存在しております。

取引におけるスプレッドがやや狭い分こういった所のデメリットを決して見逃してはなりません。

ボーナス

Bigbossのボーナスについては入金ボーナスや取引キャンペーン等がありますが、いずれも不定期開催であり、常時提供とまでには至っていないのが現状です。

ボーナスは2017年11月から行われるようになったサービスでまだ定着しておらず、今後の開催が危ぶまれるものとなります。

入出金における理不尽とも取られかねないルールや手数料徴収の実態があることから、全体的に予算に余裕がないのかもしれません。

デメリット

「追証が発生する場合がある」

追証発生がゼロではないことが謳われており、特に仮想通貨ECN口座は必ず追証が発生するものとなっております。

ただ同口座はロスカットレベルが200%と非常に高いので、追証までには至らないこともあり得ます。

「入出金時の手数料やルールが厳しい」

入出金時の手数料負担がやや目立つことや、出金させたくないといった姿勢が感じられてきます。

カード入金分は60日間出金できない、ビットコイン入金分の出金には多くの取引実績が必要、銀行送金は5万円以上入金させないと1,000円の入金手数料が発生するなど、注意しなければならないポイントがいくつも存在します。

投資はいかに負けないかが大切である事と同様、Bigbossではこういった周辺諸経費にも特段の注意が必要です。

「ライセンスやルール体系などが弱い」

冒頭でお話ししましたグレナダのライセンスは金融分野のライセンスではなく法人登録という性質のものです。投資活動や金融商品の売買等に関する指導を受けることがない状態となります。

また利用規約等のルール開示が不十分で個人情報保護の方針がはっきりと示されている以外に、どういった運営の仕方であるのかが非常に分かりずらいものとなっております。

2013年からの営業というその実績の少なさも重なり、Bigbossの信頼性や安全性については疑念を抱かざるを得ません。

「余裕のある営業か?」

他には仮想通貨の現物取引所の運営も行っていて事業実績が十分でない中、FXと仮想通貨の事業をうまく両立させているのか、資金・人材の配分という観点から仮想通貨事業に割を食われていないのか?

もしそうだとすれば、しばらくの間は私たちがFX取引で目覚ましい恩恵を得ることが期待できない事となってきます。

まとめ

出典:Bigboss

Bigbossの特徴については以下のまとめをご覧になっていただければ分かりますが、基本的にBigbossが他の海外FX業者より有利となっているポイントやBigbossで取引を行わないともったいない!といった点は、今後の同社の動向次第といった所になってきます。

追証、資金の入出金、ボーナスといった主に金銭に関係する項目でデメリットとなる性質が見受けられます。

金銭的な影響は企業・個人を問わず行動の行方を大きく左右するものですので、同社のここがいかに改善されるかが注目されることとなります。

以下にBigbossの特徴について整理しておきます。

  • Bigbossはスプレッドがある程度優遇されているが目立ったメリットが見えにくい
  • 完全な追証無しではない
  • 約定力に納得できない一部トレーダーも存在
  • 入出金における手数料や出金ルール等がかなり厳しい
  • ボーナスは不定期に実施
  • ライセンス取得状況や企業としての実情に不安な点が存在

Bigbossの海外FX口座スペック

人気ランキング12位12位12位8位15位15位
海外FX業者名
BigBoss

BigBoss

BigBoss

IronFX

IFCMarkets

IFCMarkets
口座の種類スタンダード口座/STPプロスプレッド口座/ECN仮想通貨ECN口座/ECNSTP/ECN ABSOLUTE ZEROMT5マイクロ口座/STPMT5スタンダード口座/STP
取引手数料
(片道)
無料4.5ドル5.0ドル無料無料無料
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.450.500.000.000.00
スプレッド種類変動変動変動変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.200.000.000.000.500.50
最小スプレッド
ユーロ/円
1.500.000.000.002.002.00
最小スプレッド
英ポンド/円
1.800.000.000.004.404.40
最小スプレッド
豪ドル/円
1.600.000.000.002.802.80
最小スプレッド
カナダドル/円
2.100.000.000.002.802.80
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
0.000.000.000.000.400.40
最小スプレッド
豪ドル/米ドル
1.200.000.000.000.500.50
平均スプレッド
米ドル/円
1.300.200.200.200.500.50
平均スプレッド
ユーロ/円
1.700.500.500.402.002.00
平均スプレッド
英ポンド/円
2.000.600.600.204.404.40
平均スプレッド
豪ドル/円
1.800.700.702.502.802.80
平均スプレッド
カナダドル/円
2.300.900.902.502.802.80
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
1.600.500.500.200.400.40
平均スプレッド
豪ドル/米ドル
1.400.600.600.500.500.50
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.200.900.90
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.301.101.20
最大レバレッジ555倍555倍25倍200倍400倍200倍
約定力スリッページなし
取引の99.62%が1000分の1秒以内に実行
成行注文は取引の100%が1000分の1秒以内に実行
約定スピード/秒
約定スピード(最高)/秒
約定スピード(最低)/秒
執行率/%99.62
最大保有ポジション---
ロット数1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨
最小取引サイズ0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨0.01ロット1,000通貨10,000通貨
最低入金額1000円相当1000円相当1000円相当非公開100円相当10万円相当
信託保全
分別管理
分別管理分別管理分別管理100万EURまで信託保全
FCA CASS(顧客資金取扱規定)
分別管理
損害保険加入
分別管理
損害保険加入
提携リクイディティプロバイダー---Bank of America,Barclays,BNP Paribas,Citi,Commerzbank,Credit Suisse,Deutsche Bank,Goldman Sachs,ISAM,JPMorgan,Morgan Stanley,Natixis,Nomura,RBS,SocGen,UBS,Virtu
ロスカットレベル証拠金維持率20%以下20%以下200%以下80%以下10%以下10%以下
マージンコール証拠金維持率50%以下50%以下300%以下100%以下50%以下50%以下
取引時間日本時間(夏):(月) 午前 6:05 ~ (土)午前 6:00
日本時間(冬):(月) 午前 7:05 ~ (土)午前 7:00
冬時間GMT+2、夏時間GMT+3
日本時間(夏):(月) 午前 6:05 ~ (土)午前 6:00
日本時間(冬):(月) 午前 7:05 ~ (土)午前 7:00
冬時間GMT+2、夏時間GMT+3
日本時間(夏):(月) 午前 6:05 ~ (土)午前 6:00
日本時間(冬):(月) 午前 7:05 ~ (土)午前 7:00
冬時間GMT+2、夏時間GMT+3
日本時間(夏):(月) 午前 6:00 ~ (土)午前 5:00
日本時間(冬):(月) 午前 7:00 ~ (土)午前 6:00
冬時間GMT+2、夏時間GMT+3
日本時間(夏):(月) 午前 6:00 ~ (土)午前 6:00
日本時間(冬):(月) 午前 7:00 ~ (土)午前 7:00
冬時間GMT+2、夏時間GMT+3
日本時間(夏):(月) 午前 6:00 ~ (土)午前 6:00
日本時間(冬):(月) 午前 7:00 ~ (土)午前 7:00
冬時間GMT+2、夏時間GMT+3
ロールオーバー時刻GMT22:00GMT22:00GMT22:00-GMT22:00GMT22:00
取引システムMT4MT4MT4MT4
MT4ウェブトレーダー
AutoTrade
MT5
MT5ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
スマホ対応○MT4(iphone/android/タブレット)○MT4(iphone/android/タブレット)○MT4(iphone/android/タブレット)○MT4(iphone/android/タブレット)○MT5○MT5
システムトレード○MT4○MT4○MT4○MT4○MT5○MT5
ソーシャルトレード
コピートレード
------
無料VPS---
5000ドル以上入金
--
通貨ペア数33通貨ペア33通貨ペア33通貨ペア82通貨ペア49通貨ペア49通貨ペア
口座通貨USD,JPYUSD,JPYUSD,JPYUSD,EURUSD,EUR,JPYUSD,EUR,JPY
デモ口座
円口座
CFD株式指数CFD:7
貴金属:2
資源:2
仮想通貨:10
株式指数CFD:7
貴金属:2
資源:2
仮想通貨:10
仮想通貨:10株式指数CFD:14
貴金属:6
資源:4
仮想通貨:9
株式指数CFD:11
貴金属:3
先物:22
資源:20
仮想通貨:2
株式指数CFD:11
貴金属:3
先物:22
資源:20
仮想通貨:2
追証ゼロ
両建て取引
スキャルピング
MAM/PAMM口座○PMAM
ボーナス仮想通貨トレードコンテスト/賞金総額:約1億円
入金ボーナス/最大100%
仮想通貨トレードコンテスト/賞金総額:約1億円
入金ボーナス/最大100%
利息ボーナス/年率0.0%~7.0%利息
利息ボーナス/年率0.0%~7.0%利息
ポイントプログラム---○キャッシュバック--
トレードコンテスト---○不定期開催--
入金方法
国内銀行送金

30分以内
5万円以上手数料無料

30分以内
5万円以上手数料無料

30分以内
5万円以上手数料無料
--
入金方法
海外銀行送金

2~5営業日

2~5営業日

2~5営業日

EUR

2~3営業日
1万円以上
手数料無料

2~3営業日
1万円以上
手数料無料
入金方法
クレジットカード
(デビットカード)

VISA
MasterCard
1日程度

VISA
MasterCard
1日程度

VISA
MasterCard
1日程度

VISA
MasterCard
(日本円不可)
JCB

VISA
MasterCard
JCB
即時反映
手数料無料

VISA
MasterCard
JCB
即時反映
手数料無料
入金方法
国際決済サービス

bitcoin

bitcoin

bitcoin

(日本円不可)
PerfectMoney
AstroPayカード

bitwallet
WebMoney
Western Union
bitcoin

bitwallet
WebMoney
Western Union
bitcoin
出金方法
海外銀行送金

2~5営業日
手数料20ドル

2~5営業日
手数料20ドル

2~5営業日
手数料20ドル

2~3営業日

2~3営業日
出金方法
クレジットカード
(デビットカード)

VISA
MasterCard

VISA
MasterCard

VISA
MasterCard

VISA
MasterCard
JCB
出金方法
国際決済サービス
---
PerfectMoney

bitwallet

bitwallet
設立2013年2013年2013年2010年2006年2006年
本社のある国グレナダグレナダグレナダ英国イギリス領ヴァージン諸島イギリス領ヴァージン諸島
金融ライセンスIBCIBCIBCASIC,CRFIN,CySEC,DFSA,FCA,FSB,FSPRBVIFSC,MiFID,CySECBVIFSC,MiFID,CySEC
社員数30名30名30名-65名65名
日本人スタッフ5名5名5名複数名3名3名
日本語対応ウェブサイト○
取引システム○
サポート○
スタッフ○
ウェブサイト○
取引システム○
サポート○
スタッフ○
ウェブサイト○
取引システム○
サポート○
スタッフ○
ウェブサイト○
取引システム○
サポート○
スタッフ○
ウェブサイト○
取引システム○
サポート○
スタッフ○
ウェブサイト○
取引システム○
サポート○
スタッフ○
サポート対応時間週5日10時~18時週5日10時~18時週5日10時~18時週5日24時間週5日13時~21時30分週5日13時~21時30分
教育コンテンツ--チュートリアル
eBook
イベント
オンラインセミナー
リアルセミナー
TV、動画
ファンダメンタル分析
トレーディング心理学
FXビデオチュートリアル
FX教育
外為とCFDの書籍
ファンダメンタル分析
トレーディング心理学
FXビデオチュートリアル
FX教育
外為とCFDの書籍
取引ツール--ライブFXチャート(ポジション情報ツール)
IronFX iDEAS(コミュニティ情報共有)
外国為替市場取引時間
市場データ
経済カレンダー
市場概観
マーケットセンチメント
テクニカル分析
毎週ビデオ概観
合併商品
市場データ
経済カレンダー
市場概観
マーケットセンチメント
テクニカル分析
毎週ビデオ概観
合併商品
口座開設BigBoss口座開設はこちらBigBoss口座開設はこちらBigBoss口座開設はこちらIronFX口座開設はこちらIFCMarkets口座開設はこちらIFCMarkets口座開設はこちら
STP/ECNSTPECNECNECNSTPSTP
最低入金額100010001000非公開100100000
証拠金維持率20%20%200%80%10%10%
最大レバレッジ555倍555倍25倍500倍400倍200倍
1万通貨に必要な証拠金1,802円1,802円40,000円2,000円2,500円5,000円
10万通貨に必要な証拠金18,018円18,018円400,000円20,000円25,000円50,000円
1万通貨取引時の最大許容損失額99,640円99,640円20,000円98,400円99,750円99,500円
10万通貨取引時の最大許容損失額96,396円96,396円-84,000円97,500円95,000円
1万通貨最大許容損失pips996.4pips996.4pips200.0pips984.0pips997.5pips995.0pips
10万通貨最大許容損失pips96.4pips96.4pips-84.0pips97.5pips95.0pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です