英語ができないのに海外FXして大丈夫?

japan128_128

「英語がまったくできないんだけど、レバレッジ規制のない海外FXに興味があります。海外FXやっても大丈夫でしょうか?」という質問をもらうことがあります。海外FXに英語は必要なのでしょうか?

海外FXでは、英語はほとんど必要ない

まず、当サイトで紹介している海外FX業者は日本語対応をしています。

何を日本語対応しているか?というと

  • 海外FX業者のウェブサイト
  • MT4(トレードプラットフォーム)
  • メールによる問い合わせ
  • 電話による問い合わせ
  • チャットによる問い合わせ

等になります。

大きなポイントは、ウェブサイトやトレードシステムなどの物理的なものだけでなく、きちんと日本人スタッフが在籍し、日本人の日本語でサポート対応してくれる体制を整えている海外FX業者が多いのです。

日本人が在籍しているからこそ、新しいキャンペーンやサービスのお知らせなども、たどたどしい翻訳ソフトの日本語とは違って、日本人が見てもあまり違和感のないメールの文章になるのです。

当然、電話をしても営業時間内であれば日本人が出てくれますし、(たまに外国人が出ることがあります。)チャットでの問い合わせ対応でも十分に問題を解決することができるでしょう。

それでも、少しだけ英語が必要な状況もある

例えば、入金でクレジットカードを登録する画面など、一部のシステム部分だけは日本語仕様になっておらず、英語の画面になってしまう・・・

ということは少なからず発生します。

とはいえ、ほとんどは中学生レベルの英単語がわかれば意味がわかりますし、google翻訳でも十分に内容は理解可能です。

それでもわからなければ、日本人スタッフに聞けば良いのです。

英語が不安で海外FX業者を選ぶときの業者選びのポイント

日本人スタッフの在籍の有無

です。

これに尽きると言えます。ウェブサイトやMT4が日本語で、日本語ができる外国人スタッフがいても、おもてなしの心がある日本人同士の会話かどうかで、受けるストレスは大きな違いが出てくるからです。

日本人スタッフが在籍し、実際に私も直接担当者と会話をしている海外FX業者

XM(エックスエム)

  • 「約定率が100%でかつ99.35%が1秒以内に執行される」という高い約定力
  • 最大2万ユーロ(約250万円)までの信託保全
  • 最大レバレッジは888倍と十分なレバレッジがある
  • 最低入金額5ドル(500円相当)、最低取引量10通貨、日本人スタッフ在籍と初心者でも安心
  • 日常的な入金ボーナスや季節ごとに設定されるキャンペーンボーナスで勝率アップ
  • 毎日トレードコンテストが行われている「コンテストアリーナ」に注目

xemarkets_web

XM(エックスエム) 海外FX口座開設はこちら

Pepperstone

Pepperstoneは2014年10月より日本在住の日本人への新規口座受付を停止しました。他の海外FX業者を選んでください。

  • リクオートが一切なし、注文が1秒以内に100%執行
  • 最低0.5pipsと狭いスプレッドでのトレードが可能
  • 取引量が大きくなればなるほど相対的にトレードコストが安くなる
  • 最先端のソーシャルトレードが利用可能
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の認可
  • 500社を超えるForexブローカーの中から最優秀Forexブローカーに選出
  • ストップロス保証。投資額以上の損失は発生しない

Pepperstone_web

Pepperstone 海外FX口座開設はこちら

FxPro

  • 業務総額が1.18 兆ドルにも及ぶ世界的な金融グループの信頼性
  • 英国FSA、CySEC (キプロス) 、MiFIDなどの金融ライセンスを保有
  • お客様にとって最も有利なBID/ASK価格を提示する金融機関との取引が成立
  • スリッページなし、リクォートなし
  • 最大2万ユーロ(約250万円)までの信託保全
  • ベストFXブローカー、ベストSTP/ECNブローカーなどの賞を10以上受賞
  • 最先端のトレードシステム「FxPro SuperTrader」採用

FxPro_web

FxPro 海外FX口座開設はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*